MENU

子供の貧血原因

貧血は大人がなるものと思っている方・・・実は意外とそうではないんです!子供も貧血に陥る危険性があるのです。
貧血の正式な名称は「鉄欠乏性貧血」。今回、子供がこの鉄欠乏性貧血になってしまう原因を探ってみました。

 

<そもそも貧血とは>
血液の中には赤血球というものがあり、これは全身へ酸素を運ぶ役割をしています。この酸素を運ぶ役割をするタンパク質を「ヘモグロビン」といいますが、ヘモグロビンを作り出すには鉄分が必要不可欠です。
しかし食べて体内に入る栄養素の中に鉄分が足りなくなると、このヘモグロビンはどんどん減っていってしまいます。すると赤血球は薄くなっていき、サイズも小さくなってしまうのです。こうなると血液は酸素を運ぶことが困難になります。鉄分をしっかり取っている血液に比べると、同じ血液の量でも運搬酸素量はかなり少なくなり・・・結果、めまいや立ちくらみなどといった症状が出てきます。

 

<子供でも多く見られる貧血>
貧血が子供でも顕著にみられる理由を解明していきましょう。
まず乳児期ですが、生後半年を過ぎると体内に貯蔵されていた鉄がいったんゼロになってしまいます。しかし乳児ですから、大人と同じような食事をしてそこから鉄分を得ることはできません。そうなると、母乳から鉄を摂取するしかないのですが・・・実は母乳にはそこまで多くの鉄分は含まれていないんです。そしてその多くない鉄は、体を大きくするために費やしてしまうのでなかなか血中では使うことができません。さらに乳児期はまだまだ免疫機能も低いため、感染症にもかかりやすい体です。この弱みを解消するためにも鉄を使います。よってさらに鉄の消費量は増えていき・・・最終的には鉄分不足になります。こういった事情があって、貧血の症状が出てくる可能性が高まってくるのです。
そして幼児期になっても貧血になるケースは多いのです。その理由のひとつとして挙げられるのは偏食。母乳やミルクは卒業、晴れて固形食を食べ始めますが・・・子供によっては好き嫌いがハッキリ出てしまい、鉄分を含んだ食材を拒否する場合もありますよね。とくに鉄分豊富な食材は、レバーやほうれん草などクセのあるものが多いですから・・・「食べたくない!」というお子さんも少なくないでしょう。そして10歳前後になると、女子は生理もはじまってきます。これを期に、慢性的な貧血になる子供もいるそうです。親御さんはぜひ気にかけてあげてくださいね!"

子供の貧血症状

 

貧血、正式には鉄欠乏性貧血ですが、具体的に説明すると「血液中の赤血球が足りなくなる事象」を指します。摂家級が減ると、その分ヘモグロビンという酸素を運ぶ物質も減少してしまいます。いわゆる「血が薄くなる」といった現象ですね。
子供に起こる貧血の原因や症状を調べてみました。うちの子貧血気味かも・・・?とお悩みの親御さんは、ぜひ読んで参考にしてみてくださいね。

 

<どうして子供にも貧血が起こるのか?>
私たちが一日あたりに摂るべきとされている鉄の量は40mg程度とされています。鉄は小腸の上部で吸収され、貯蔵されています。
子供たちは10歳以降、急速に体の成長が進んでいきます。骨や筋肉が大きくなることで、背が伸び体重が増加します。この成長には大量の鉄が使われることになるのです。さらに女子は初潮がはじまるじきで、月経による失血というのが毎月起こるようになります。
これらがあって鉄は常に子供の体に求められることになります。しっかり食事で鉄を補給していないと、あっという間に鉄が欠乏して貧血に陥ってしまうのです。
またこれに加えてスポーツをする子供・牛乳をよく飲む子供はさらに鉄の必要量というのが上がって行きます。前者は運動によって体の成長に拍車がかかるため、後者は牛乳によって鉄体が鉄分を吸収しづらくなってしまうためです。

 

<子供の貧血症状>
それでは子供が貧血になると、どういった症状が現れてくるのでしょうか?
まずはめまいや立ちくらみです。これは大人の症状にも共通するものですが、子供は動き回ったりしてじっとしていることが少ないため、めまいを自覚するまでに時間がかかることがあります。気づいたときにはもう貧血で、バタンと倒れてしまった!なんてことも珍しくありません。
そして記憶力の低下や集中力の欠如も、子供の貧血症状に代表されるものです。なので子供が貧血になると、学習や勉強の大きな妨げとなってしまう可能性が大きいのです。学校でのあらゆる活動がうまくいかなくなる・・・貧血はそんな危険性も秘めているのです。

 

<子供を貧血にさせないためには>
食事から鉄をしっかり摂取できるにこしたことはありません。鉄を多く含有する食材は、レバー・ほうれん草・赤身の魚などです。ただこれらを毎日のようにモリモリ食べれる環境というのはなかなかありませんよね。子供たちは好き嫌いが激しいですし、親御さんも調理するには面倒な面もありそうな食材が多い・・・。
そんなときには貧血サプリメントを服用するのがおすすめです!サプリメントで上手に鉄を補給できれば、子供たちも貧血症状に悩まされることはなくなるでしょう。錠剤タイプなので、飲むのも簡単です!ぜひ試してみてくださいね!"

子供の貧血対処方法

 

子供は思った以上に貧血に陥りやすく、そして症状も大人のように立ちくらみ・めまいがするだけでなく、集中力・記憶力の低下につながる恐れがあります。
しっかり対処方法を知って、子供たちを貧血の危機から救ってあげてください!

 

<子供が陥る貧血のケース@>

とくに幼児期以降に貧血になることが多いと言いますが、その理由の一つは子供の体の成長が挙げられます。子供が成長するということは、骨や筋肉が大きくなることと同義です。それにはたくさんの栄養が使われますが、鉄も例に漏れません。成長に鉄分が多く使われてしまうことによって、血液に必要な鉄が足りなくなる・・・これが貧血になるメカニズムです。血液に使える鉄分が減ると、体中へ酸素を運ぶという血液の本来の役割が鈍くなっていきます。
なので幼児期こそ、鉄分を多めに摂らなければならないということがわかりますね。

 

<子供が陥る貧血のケースA>

小学生になると女子は初潮がはじまります。ここにも貧血の危険性が潜んでいるのです。生理は毎月あるもので、一週間弱の間血が出続けます。これによって貧血の症状になる女子が多いようです。生理は一度はじまると、それから閉経まで30年以上ずっと付き合っていくものですから、知識のある大人が生理の付き合い方として貧血にならないようにしてあげる配慮も必要になってきます。早めに対処方法を見つけるのが得策ですね。

 

<子供が陥る貧血のケースB>

子供によくありがちな「偏食」も、貧血になることのファクターになってきます。好き嫌いの多い子供は、やはり栄養不足になる可能性が大きいです。特に鉄分を多く含む食材は、限られている&味にクセのあるものが大半ということもあって、子供たちにはなかなか好かれないのが現実です。なるべく偏食に陥らないように、大人がしっかり貧血防止食材を食べる工夫を食事にすることが大事かもしれません。

 

<貧血への対処>

このような様々な貧血ケースに、非常におすすめな商品があります。それは「鉄分サプリメント」です!サプリメントでしたら、子供の好きなタイミングで服用することができますし、錠剤をのみこむのが苦手な子には砕いて飲み物に入れる・ヨーグルトに混ぜるなどの応用も効きます。
今は天然由来成分でできているサプリメントもたくさん販売されていますので、添加物などに敏感な親御さんにも安心な商品もきっと見つかると思います。
ぜひ貧血の対処方法として使ってみてください!"

普段出来る貧血対策

 

貧血になるお子さんって、けっこう多いんです!子供=血の気が多い、血気盛んというイメージがあるのでなかなか貧血を起こすとは思えないかもしれませんが・・・あなどっていると、大人以上に貧血の症状に悩まされることもあるんだとか。
そんな子供の貧血、しっかり対策してあげましょう!

 

<子供貧血対策@>
子供、とくに乳児期の貧血について見ていきましょう。乳児はまだ離乳食・固形食を食べることができませんから、必然的にお母さんの母乳かミルクで栄養を補給することになります。しかしこの母乳やミルク、そこまで鉄が含まれているものではないのです。
さらに乳児は私たちが思っている以上に体内で鉄を消費しています。とくに生後半年をすぎると、体の成長や免疫力維持のためにたくさんの鉄を使います。このため貧血の症状を起こしやすくなる場合があります。
対策としては、しっかり母乳やミルクを飲ませてあげることしかないのですが・・・体が大きくなってきたな、と思ったらそれは体内で鉄がどんどん消費されてるサインです。早めの離乳食導入を検討してみてもいいかもしれませんね。

 

<子供の貧血対策A>
さらに幼児期、小学生、中学生になっても子供の貧血の可能性は高いままです。理由としては、偏食がはじまり鉄分を豊富に含む食材を嫌煙しがちなことがまず挙げられます。鉄分の多い食材は、レバーや野菜などあまり子供たちから好かれるようなものではありません。保育園や小学校の給食で、おそらく鉄分をしっかり摂れるようなメニューが出てるとは思いますが・・・嫌いな子供は躊躇なく残してしまうでしょう。しかし鉄を摂れないからといって、嫌がる子供に無理やり鉄食材を食べさせるのもよろしくありません。
そこで貧血対策としておすすめしたいのが、鉄サプリメントです!これならば食後に数粒飲むだけ、味もありません。「子供にサプリを与えるのには抵抗が・・・」という親御さんにも安心、今は天然由来成分のみで作られたサプリメントもたくさん商品として売られているんです!錠剤タイプのものでしたら、砕いて飲み物やヨーグルトなどに混ぜても食すことができます。サプリを飲みこむことができないお子さんも、これなら簡単に鉄分が摂取できますね!
貧血の症状はめまいや立ちくらみといった、大人でもつらいものばかりです。日常生活や学校の勉強にも決していい影響は与えないはず・・・お子さんの貧血が心配な親御さんは、ぜひ鉄分サプリメントを利用して見て下さい!"

子供の貧血対策に良い食べ物

子供がかかる意外な症状のひとつ、貧血・・・大人と同じくらい、子供には貧血にかかる可能性があるんです!子供たちをそんな貧血から守るには、まず食から鉄分をしっかり摂取することが大切になります。
鉄を豊富に含んだ食材と、その簡単なレシピをごしょうかいします!

 

<鉄が含まれる野菜>

鉄分を多く含む野菜は、ほうれん草がいちばん有名だと思います。その他にも、菜の花・小松菜・プロッコリーなども鉄を豊富に含有しています。青い葉物の野菜が多い印象ですね。今回はそのなかでも、小松菜を使った鉄分不足対策レシピをご紹介します。
まず用意するのは、さんまのオリーブ缶1つ・小松菜2束ほど・にんにく1欠片です。まずはフライパンを熱して、炒め用の油をしいてください。フライパンが充分温まったら、みじん切りにしたにんにくを入れます。この時、焦げないように充分注意してくださいね。そこへ、食べやすい大きさにカットした小松菜を投入。少ししんなりするくらい炒めたら、最後にさんまの缶詰の中身を汁ごと入れてざっと炒めたら・・・完成です!
そのまま炒め物としても食せますし、焼きそばやパスタのソースにもぴったりですよ!お子さんも喜ぶこと間違いなしです!

 

<肉と魚介類>

鉄分豊富な食べ物といえば、多くの方がレバーをあげると思います。鶏レバー、豚レバー、どちらもたくさん鉄分を含んでいます!レバーではなく、豚のもも肉なんかも鉄食材です。
そして魚介類にも鉄分は含まれています。カツオ・イワシ・鮭・キハダマグロ・・・お刺身にして食べれば調理過程で鉄分を失うことなく、しっかり鉄補給や対策ができますね。
ひとつ注意点があります。実は子供も大好きな牛乳、これには鉄分の吸収を阻害する働きがあるのです。なので飲みすぎには要注意です。とくにふだん貧血気味な子供に対しては、飲ませる牛乳をほどほどの量にしておきましょう。

 

<食事で補いきれない鉄分>

さて、ここまで鉄分豊富な食材をピックアップしてきましたが、なかなかクセの多い食べ物が多いな・・・と思った方もいるかもしれません。とくにレバーなんかは、大好きでパクパク食べれる!という子供は少ないでしょう。
そんなときは、鉄分サプリメントをおすすめします!サプリメントであれば、自分の好きなタイミングで手軽に栄養補填できます。それに味もしないので、毛嫌いすることなく服用することが可能です。
お子さんの偏食による鉄分不足に悩まされている親御さんは、ぜひこの鉄サプリメントを利用して鉄分不足対策をしてみてくださいね!"

貧血サプリVORが子供にもおすすめの理由

子供の貧血は、私たちが思っている以上に多いです。子供は成長過程で多くの鉄を使いますから、自然と鉄分不足に陥ってしまいます。
そこで手軽に鉄分を補える、貧血サプリ「VOR」をご紹介します!貧血サプリのメリットを知って、ぜひお子さんを貧血から守ってあげてくださいね。

 

<VORの優れたところ>
まずサプリメントと聞いて心配するポイントは、「子供に与えてもいいの?健康に悪影響はでないの?」というところだと思います。VORはその点安心なサプリメントなんです。
配合されているのは、13種類の天然ミネラルです。これが豊富な鉄分を擁していますので、飲めばあっという間に鉄を補給できます。この天然由来の鉄ミネラルは、阿蘇カルデラで自然に湧いてきた水から絶えず生まれ続けている天然リモナイトというものが原料となんてます。この湧水を飲んでも十分なミネラル補給になるのですが、この湧水・・・「硬水」であるゆえに非常に飲みにくいのです。そこをなんとか改善して、鉄を摂取できるようにならないか・・・そう考えて生み出されたのがこのVORというサプリメントなのです!サプリメントでしたら粒上で、誰にとっても飲みやすいですよね。
この自然の恵みたっぷりの貧血サプリメント、ぜひ一度試してみてください!

 

<飲みやすい錠剤>
VORがお子様におすすめな理由は、錠剤タイプで飲みやすいということ。粒も大きくなく、錠剤を飲み込めるか不安・・・という方でも安心して服用することができます。
どうしても錠剤を飲み込めないというお子さんでも大丈夫です。じつはこのVOR、砕いて粉状にすることもできるのです!スプーンのへりなので簡単につぶせば、粉末に早変わり。
粉末であれば、ささっとくちに水と一緒に流し込んでもOK。飲み物やヨーグルトなどに混ぜてしまってもOK。いろいろな使い方ができますんで、子供の貧血サプリメントとしては非常に使い勝手がよい商品だと思います。

 

<VORの成分>
VORは鉄の中でも二価鉄と三価鉄をミックスして配合しているサプリメントです。性質の違う2種類の鉄を含ませることによって、体へさまざまなアプローチをしてくれます。
とくに二価鉄はほかの栄養素の補助なしでも体内へ吸収されやすい鉄ですので、取れば取った分だけ貧血に効果的なのです。偏食が多いお子さんにとって、二価鉄は非常にありがた存在だと思います。貧血サプリメントVORを飲んで、お子さんの貧血を予防しましょう!"

子供の貧血の症状

子供は私たちが思っている以上に貧血になりやすい傾向にあります。それは子供の体が成長にともなって多量の鉄を必要とするからです。
子供が貧血に陥ると、具体的にはどんな症状になってしまうのでしょうか?おすすめの貧血解消法とともにご紹介していきます!

 

<子供の貧血の主な症状>

そもそも貧血とは、人間の体において鉄という栄養素が不足したときに起こります。鉄が不足すると、血液中の赤血球にあるヘモグロビンの数がどんどん減っていってしまいます。このヘモグロビンは、全身へ酸素を運ぶのに非常に重要な役割をしていますから、鉄不足=全身の酸素不足と認識しても差し支えないでしょう。
ここからどんな症状が現れるのか。まず軽度の貧血ですと、あまり症状は見られません、見られたとしても顔色が少し悪くなる程度。しかしこの予兆をキャッチできないまま鉄不足が続いてしまうと、重度の症状がでてきます。それは動悸・息切れです。さらに悪化していくと、「心雑音」という心臓への悪影響が出てきます。そして小学生でしたら授業中・学習中の集中力の欠如・記憶力の低下もみられてきます。幼児では興奮しやすい性格になったり、土・石を食べてしまうなどといった異常行動もみられるようになります。
これらが貧血から起こる症状です。ただの貧血と侮ってはいけないということがわかりましたね。

 

<子供の貧血におすすめな商品>

子供を貧血に陥らせないために、親御さんにできることはなんでしょうか?それはもちろん毎日適正量の鉄を摂らせることです。それが非常に簡単にできるのがサプリメント。
貧血サプリメントとしておすすめのは「VOR」というサプリメントです。配合されているのはすべて天然由来の成分なので、子供にも悪影響なく安心して服用することができます。もちろん無添加です。味もほとんどないので、偏食・好き嫌いの激しいお子さんにも飲みやすいと思います。さらに嬉しいのは錠剤タイプなので、砕いて飲み物やヨーグルトに混ぜて召し上がることもできます。
子供の貧血の症状にお悩みの親御さんは、一度試してみてください!
注意点としては、牛乳といっしょに飲まないことです。実は牛乳には鉄の吸収を阻害する働きがあるのです。「牛乳貧血」としても有名かもしれませんが、それくらい牛乳と鉄分は相性が悪いのです。せっかく貧血に効果的なサプリメントVORを飲むのであれば、この点にはぜひ留意していただきたいです。
貧血サプリメントVORを飲んで、ぜひ子供の貧血の解消に役立ててくださいね!"